キャラクター名を叫ばせるテキストで「〇〇くん」を処理するのは工夫が要る

ネタ,プログラムMOTHER,MOTHER3,自然言語処理

2020年7月ごろ、とあるゲーム実況を見ていて気づいたことがありました。プレイされていたゲームは「MOTHER3」だったのですが、このゲームは主要キャラクター名が任意に設定できます。このとき見ていた動画は主人公に「リュカくん」みたいな名前を付けていたのですが、ゲーム冒頭で主人公の名前が叫ばれる場面で「リュカくーーーんッ!」というテキストが表示されたのが気になりました。

気づいたことをツイートしたらちょっとバズった

これがデフォルトネーム「リュカ」のままだと「リュカーーーッ!」と表現されます。もしこの処理が単純に「設定名ーーーッ!」というものであれば「リュカくんーーーッ!」となるはずですが、違いました。

どうやら「ん(ン)」の撥音の処理だけ他と違うようです。実際のところ、自然言語の中で「ん」の後に長音を入れることはほとんどないでしょう。例えば「チキンーー」とは言わずに「チキーーン」というと思います。

以下のツイートは、私のツイートを受けて実際のゲームで試して頂いた方のものです。

細かくて誰も気づかないのかもしれませんが、細部にまで気を遣って工夫するということは大事だと思いました。ちなみに「ンンン」に設定すると「ンンンッ!」になりました。長音付を使うかどうかも判定しているようです。

(Nintendo, 2006, MOTHER3 より)

ところでこれを調べていたら知ったのですが、最近 MOTHER の公式テキスト集が出たんですね。


【広告】MOTHERのことば。(糸井重里 著, 2020/12/25 発売)

ちょっと高い……けれど、少し欲しい気持ちもします。